新型コロナウイルス対策として患者さん同士の接触を避ける為しばらく完全予約制にて営業致します。
詳しくはこちらをクリック

暮らしに役立つ健康ニュース「からだから」10月号 その1

気付けば日も短くなってきた今日このごろ。過ごしやすくなった分、もみじ狩りに運動会、お祭りなど、屋外でご飯をすることが多い季節です。そんなこの時期、特に気を付けたいのが食中毒!ウェットティッシュなどを持ち歩いて手を清潔にしてから食べること、作ったお弁当は早めに食べること……工夫はさまざまあるので、細心の注意を払って秋を楽しく過ごしましょう!

今月の健康ヒント「胃を整えて美味しく過ごす食欲の秋」

しつこい残暑もようやく終わり、すっかり秋めいてきました。この時期は多くの食材が旬を迎えますね。ぶどうや梨、栗にさつまいも……さらにはキノコに鮭、新米の収穫も始まります。

せっかく美味しい食材に溢れる季節、できるだけいろんなものを食べたいところ。そのために重要な胃のケアを、今回はご紹介します。

口に運んだ食べ物は、食道を通ってまず胃に向かいます。

胃の機能は主に「消化」であり、ここでの目的は食べたものをかゆのような状態にすることとなります。栄養の吸収は次に向かう小腸で行われるので、ほとんど胃では行われません。

小腸で栄養の吸収と残りの消化が行われた後、それでも残っているものが大腸で水分を吸収され便になります。

食欲不振の原因は、胃の機能の低下が挙げられます。年を取ると脂っこいものを食べられなくなるのは、加齢によって衰えた胃の機能が、消化に時間を要する脂を処理しきれないためです。

機能低下の原因は加齢以外にも、暴飲暴食やアルコールの過剰摂取などがあります。一日一食しか食べないのに夜にたくさん食べる……といった不規則な食事も機能低下の原因です。

対策としては過剰に食べない・飲みすぎないことが一番と言えますが、極端な空腹も続かないように心がけることも大切。強酸性の性質を持つ胃液は何も食べなくても分泌されるため、食べ物が胃に入っていないと胃の壁を痛めてしまうことがあるのです。

また、食べた後にすぐ眠ることは胃に負担をかけますが、横になり体を休めることは実は消化を助けます。ただし仰向けは食べたものが食道に戻りやすくなるので避けましょう。右半身が下になるよう横になると、胃の出口が右に曲がっていることからスムーズに消化物が腸へ流れますよ。

P.S.
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などでお悩みの方、当院にお任せください!
私が責任を持って施術計画に取り組み、現在私にできうる最善・最高の技術で、尽くさせていただきます!ご連絡お待ちしています!

発行:宝町整骨院

住所:春日市宝町3-11-1-107 電話:092-573-6610

各種保険・交通事故取扱い・予約優先制

水曜午後は17時まで予約受付

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました