新型コロナウイルス対策として患者さん同士の接触を避ける為しばらく完全予約制にて営業致します。
詳しくはこちらをクリック

暮らしに役立つ健康ニュース「からだから」10月号 その1

だんだんと涼しくなり、過ごしやすい時期がやってきましたね。よく「〇〇の秋」と呼ばれるように、趣味やスポーツなどにも打ち込みやすい季節です。しかし暑さから寒さへの変わり目でもあるので、体調を崩しやすく、日頃の健康管理が重要な時期です。
夏の疲れをリセットして、この先の寒さのために体力をたくわえておきましょう!

今月の健康ヒント「これって秋バテかも?」

夏の暑い時期に体力や食欲が低下し、体調を崩してしまうことを「夏バテ」といいますが、涼しくなってきた秋にも、夏バテに似た体のだるさや頭痛、食欲がないといった症状があらわれることがあります。この体調不良が「秋バテ」と呼ばれています。今回は、そんな秋バテの原因と予防のポイントをご紹介します!

秋バテになりやすい原因をご紹介します。多く当てはまると、秋バテのリスクが高くなります。
・冷房の効いた部屋に長くいる
・冷たい飲み物をよく飲む
・湯船に浸からずシャワーで済ます
・裸足で過ごすことが多い
外と部屋の気温差で自律神経が乱れたり、胃腸の冷えによって消化機能や免疫力が下がって秋バテの症状が出やすくなってしまいます。

秋バテは「冷え」が主な原因なので、体を冷やさない環境や生活習慣をつくることが重要です。

◎お風呂で体を温める
面倒だからとシャワーだけで済ませがちですが、湯船に浸かると血行が良くなり、汗をかきやすくなるため、体力や胃腸の働きを回復させることが出来ます。ぬるめのお湯で半身浴をするのも効果的です!

◎運動で血の巡りを改善
ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、血流を良くして疲労回復に役立ちます。
家の中でのヨガやストレッチなど、軽く体を動かすだけでも効果があります!

◎こまめな温度調節
ブランケットや薄手の上着などで、こまめに体温調節をして体の保温を心がけましょう。就寝時も冷房ではなく水枕や保冷剤を利用すると、体への負担を減らすことが出来ます。

疲れを感じたら、十分な栄養と休息をとることを心がけましょう!

P.S.
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などでお悩みの方、当院にお任せください!
私が責任を持って施術計画に取り組み、現在私にできうる最善・最高の技術で、尽くさせていただきます!ご連絡お待ちしています!

発行:宝町整骨院

住所:春日市宝町3-11-1-107 電話:092-573-6610

各種保険・交通事故取扱い・完全優先制

水曜午後は17時まで予約受付

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました