新型コロナウイルス対策として患者さん同士の接触を避ける為しばらく完全予約制にて営業致します。
詳しくはこちらをクリック

暮らしに役立つ健康ニュース「からだから」11月号 その1

今年は気温が急に下がったため、風邪をひいてしまった方が多いようです。早い時期からインフルエンザも流行するなど、感染性のある病気は常に対策を怠らないことが大事ですね。また、現代人は疲れを何かと引きずりがちなので、休む時間をしっかりと設けることも大切です。動く時は動く、休む時は休む、とメリハリをつけた生活を心がけましょう。

今月の健康ヒント「その不調の原因はもしかしたら『冬季うつ』かも?」

「冬季うつ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。その名のとおり、秋から冬にかけてうつ病の症状が現れる病気で、季節性感情障害(季節性うつ病)のひとつです。

症状としては疲れやすくなる、体がだるくなる、気分が落ち込むなどの障害が主になります。他にも過食や日中の眠気など、一般的なうつ病ではそれほど目立たない症状が出るのも特徴です。どれだけ寝ても眠気がとれないという方もいます。

ではなぜ冬季になるとそのような症状が出てしまうのでしょうか。それは、日照時間が深く関わっていると言われています。人は、太陽の光を浴びると感情のコントロールをする力を持つ「セロトニン」の作用が活発になります。その結果、睡眠ホルモンである「メラトニン」の活動が抑制され、体内時計がリセットされます。

しかし冬季は日照時間が短いため、意識して朝に太陽の光を浴びないとセロトニンが十分に働かず、メラトニンの抑制が不十分に。その結果、日中にだるい、眠気がとれない、食欲がないなどの症状が出てしまうのです。

予防のためには、しっかりと朝の太陽を浴びることが大切。治療の際にも高照度光療法という、強い光を浴びるようにする方法が有効とされていますので、太陽光を浴びることは重要です。眠る前にカーテンを開けて、朝に外の光が入るようにしておくだけで予防になりますよ。

また、部屋の照明を明るくすることも有効です。冬季うつの対策については、光を浴びる時間帯より浴びる量の方が大切だという研究結果もあります。ただもちろん、眠る前に強い光を浴びると睡眠に悪影響を及ぼすため、就寝の1~2時間前には照明を暗くしましょう。

他にも軽くでもいいので運動をする、バランスの良い食事をとるなどの対策も大切。冬季うつに心当たりのある方は、ぜひ試してみてください。

P.S.
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などでお悩みの方、当院にお任せください!
私が責任を持って施術計画に取り組み、現在私にできうる最善・最高の技術で、尽くさせていただきます!ご連絡お待ちしています!

発行:宝町整骨院

住所:春日市宝町3-11-1-107 電話:092-573-6610

各種保険・交通事故取扱い・予約優先制

水曜午後は17時まで予約受付

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました