新型コロナウイルス対策として患者さん同士の接触を避ける為しばらく完全予約制にて営業致します。
詳しくはこちらをクリック

暮らしに役立つ健康ニュース「からだから」12月号 その1

日に日に気温が下がってきて、本格的な冬が近づいていることを感じます。冬場に意外と忘れがちなのが水分補給。寒いときでも、体は水分を必要としています。水分補給は鼻や喉の粘膜を潤して、細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割もあります。冬を健康に過ごすためには、やはり体を冷やさないことが重要。今回はそんな冷えに関する健康ニュースをご紹介します。

今月の健康ヒント「唇の割れや手荒れに気を付けましょう」

寒くなるにつれて、空気も乾燥してくる季節になりました。毎年この時期になると、お肌の乾燥が気になるのではないでしょうか?
乾燥で荒れてしまった肌を放っておくと、かゆみや、皮がめくれてしまうことにつながります。
特に唇や手先は乾燥による影響を受けやすいため、注意が必要です。

◎乾燥による唇の割れを防ぐには?
唇には皮脂腺と汗腺がほとんどないため、自分自身で皮脂の膜を作ることができず、水分を保つ能力が低い部位です。
胃腸の荒れや栄養不足が原因で、唇がガサガサになってしまう場合もあります。
こうした原因から、乾燥する時期には唇が割れやすくなってしまうのです。

唇の割れを防ぐ対策としては、まずリップクリームやマスクを用いて乾燥から守ることが大切です。唇は保湿力が弱いので、こまめな保湿を意識しましょう。
唇を舐めると角質がふやけてボロボロになり、かえって乾燥を招いてしまうのでNGです!

◎手荒れの原因とは?
手のひらも、唇と同じように皮脂腺が少なくバリア機能が弱い部位です。そのため、冬の寒さと乾燥によって荒れやすいのです。
手荒れを放っておくと、痒みやかぶれが慢性化し、治療の必要な手湿疹へと悪化してしまう恐れもあるので注意しましょう。

◎手荒れを悪化させないために
手荒れになってしまってから、手湿疹を防ぐために重要なのが、初期段階のうちにケアをすることです。
手の表面が濡れていると、表面の水分が蒸発する際に皮膚の水分も蒸発してしまい、バリア機能が弱まります。肌の水分を失わないためには、ハンドクリームを使って油分でコーティングすることが効果的です。

感染症予防を考えるとこまめな手洗いは必要ですが、手を洗った後には水分をすぐに拭き取り、ハンドクリームを十分に塗りましょう。綿手袋をすることも、保湿効果や荒れた肌への刺激を減らすことができるのでオススメです。

P.S.
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などでお悩みの方、当院にお任せください!
私が責任を持って施術計画に取り組み、現在私にできうる最善・最高の技術で、尽くさせていただきます!ご連絡お待ちしています!

発行:宝町整骨院

住所:春日市宝町3-11-1-107 電話:092-573-6610

各種保険・交通事故取扱い・完全優先制

水曜午後は17時まで予約受付

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました