新型コロナウイルス対策として患者さん同士の接触を避ける為しばらく完全予約制にて営業致します。
詳しくはこちらをクリック

暮らしに役立つ健康ニュース「からだから」7号 その1

今年は梅雨入り前から雨が多い地域が多かったようです。雨が続くと気分も落ち込みがちになりますので、気分を上向きにさせる方法を知っておきたいですね。気持ちを切り替える方法もさまざまですが、正直何かをするのも億劫、という方もいらっしゃると思います。そんな時はそっと目を閉じて呼吸に集中してみましょう。きっとリラックスできるはずですよ。

今月の健康ヒント「これからの時期はマスクによる熱中症に注意!」

マスクをしながら生活するのが当たり前になっている昨今。しかしこれからの時期はマスクを着用しているとなりやすい「熱中症」に注意する必要があります。

マスクを着用すると、着用していない場合と比べて心拍数や呼吸数、体感温度などが上昇しやすくなります。加えて水分補給も疎かになり、熱中症になりやすくなってしまうのです。

熱中症は場合によっては生命にかかわる症状を引き起こすこともあります。では熱中症にならないようにするためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

◎熱中症は屋内・屋外関係なし!
熱中症というとスポーツをしている時や、屋外にいる時にかかるイメージがあるかもしれません。
しかし実は熱中症で救急搬送された方のうち、およそ半分が自宅、もしくは屋内にいる際に発症しています。屋内にいるから大丈夫・・・という油断が命取り、ということですね。

◎こまめな水分・塩分補給を
とくに屋内にいる場合はマスクをしているのもあって水分補給が億劫になりがちです。熱中症を予防するために、喉が乾いていなくても水分をとるようにしましょう。コップ1杯の水を1日に8回ほどとるのが理想です。

また、汗をかきやすい場所にいる方は、水分のみの補給だとかえって熱中症になりやすいと言われています。同時に塩分もとるようにしましょう。

◎距離を十分にとって休憩しましょう
厚生労働省によると、屋外で作業していて、人と2m以上の距離がとれる場合は、マスクをはずして作業することが推奨されています。また、マスクを着用したまま強い負荷のかかる作業や運動は熱中症リスクを高めますので、避けるようにしてください。

P.S.
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などでお悩みの方、当院にお任せください!
私が責任を持って施術計画に取り組み、現在私にできうる最善・最高の技術で、尽くさせていただきます!ご連絡お待ちしています!

発行:宝町整骨院

住所:春日市宝町3-11-1-107 電話:092-573-6610

各種保険・交通事故取扱い・完全予約制

水曜午後は17時まで予約受付

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました