新型コロナウイルス対策として患者さん同士の接触を避ける為しばらく完全予約制にて営業致します。
詳しくはこちらをクリック

暮らしに役立つ健康ニュース「からだから」7月号 その1

梅雨が明けると、いよいよ本格的に夏が始まります。むしむしとした悪天候が続く毎日も大変でしたが、これから炎天下が続くと思うと、それもまたシンプルにつらいところ。汗を拭くときは、乾いたタオルより濡れタオルやボディーシートを使うと、肌の表面温度が下がるので、より「クールダウン」を体感できますよ。今年の夏もしっかりと健康に乗り切りましょう!

今月の健康ヒント「冷房病にご用心」

夏に注意すべきことと言えば、まず熱中症。家の中でも倒れてしまう人も多く、近年は「エアコンは28度」を厳守するのも良くないとされています。しかし、暑さ対策にエアコンをかけ続けていると、これもまた身体の不調の原因に。今回はそんな「冷房病」についてご紹介します。

実は元々、人間の身体は夏になると「夏を乗り切る」体質にある程度変化して、体内の発熱を抑え、身体の外へ放熱しやすい状態になります。すると冷房の効いた部屋にいると熱が必要以上に逃げて身体が冷えてしまいます。これが冷房病です。
外と内の極端な温度差は自律神経のバランスを崩し、体温調整や発汗の機能に支障をきたします。そうすると当然冷えに対する抵抗力が弱まるので、より身体の不調に陥りやすいのです。症状は様々ですが、倦怠感・食欲不振・下痢・不眠・肩こり・頭痛・神経痛など、多岐にわたります。

注意点は、とにかく直接風に当たらないこと。帰宅後やお風呂上りなど、とにかく冷たい風に当たりたい!という状況の時も控えましょう。汗をかいている状況では、特に身体の内部が冷えやすいので注意が必要です。

オフィスやカフェテリア等、自分で冷房の温度や風向きを調整できない場所に出向く際は必ず夏場でも防寒対策をしておきましょう。スカーフやカーディガンでも効果はありますが、とくに効果的なのは腹巻き。腹部を温めると全身の温度が上昇します。

また、体の内部に直接関わることから、飲食は冷房病の対策の中でも特に重要です。アイスや素麺、ざるそばと冷たいものが美味しい夏ですが、エアコンの効いた室内では、少々汗ばむくらいの温かいものを採りましょう。ネギやショウガ、ニンニク・タマネギ等が体を温める食材にあたります。

冷えは大抵足から来ます。長丁場のデスクワークでは軽い屈伸や少し歩く等、体を動かして血液の巡りを良くすることも忘れず行いましょうね。

P.S.
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などでお悩みの方、当院にお任せください!
私が責任を持って施術計画に取り組み、現在私にできうる最善・最高の技術で、尽くさせていただきます!ご連絡お待ちしています!

発行:宝町整骨院

住所:春日市宝町3-11-1-107 電話:092-573-6610

各種保険・交通事故取扱い・完全優先制

水曜午後は17時まで予約受付

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました