新型コロナウイルス対策として患者さん同士の接触を避ける為しばらく完全予約制にて営業致します。
詳しくはこちらをクリック

暮らしに役立つ健康ニュース「からだから」8月号 その1

8月は暦の上では夏最後の月ですが、暑い日々はまだまだ続きます。冷房器具を使ったり日傘を使ったりと「身体の外」の環境を変えることは夏を快適に過ごすための簡単な方法ですが、「身体の内」の環境を変えることも大切です。キュウリやトマト、ナスなど夏野菜を食べることで熱中症対策や夏バテ予防になりますよ。今回ご紹介する夏風邪の対策と併せて、残暑を乗り切りましょう!

今月の健康ヒント「治りにくい夏風邪の対策」

「治りづらい」「長引きやすい」と言われる夏風邪。通常の風邪とは異なるウイルスが原因のため、夏風邪に合った対策を講じる必要があります。

夏風邪の症状には2パターンあり、頭痛・喉痛や咳、発熱、鼻水など通常の風邪と同じ症状と、下痢や腹痛など胃腸に症状があらわれるパターンがあります。「夏バテかな……?」と疲労だと思っていたら夏風邪だった、ということも。

風邪の原因になるウイルスは低温かつ乾燥を好む冬のような環境を好みますが、夏風邪は真逆で「高温多湿」を好みます。「プール熱」の原因となる「アデノウイルス」、子どもの夏風邪の代表「ヘルパンギーナ(急な発熱・口内炎や水疱)」の原因になる「コクサッキーウイルス」。同じく子どもの夏風邪にみられる「手足口病」の原因である「エンテロウイルス」や「エコーウイルス」などが、主な夏風邪のウイルスです。

風邪には特効薬がありません。だから、治りづらく長引きやすいんですね。そこで、ひいてしまう前に予防することが重要となります。手洗い・うがいはもちろんのこと、たとえ家族間であってもタオルは共有しないなどの対策も大切です。

また、夏風邪ウイルスは目から感染する場合があります。どんな種類のものでも構わないので目薬を使用して目の表面を洗い流しましょう。そして高温多湿の環境では菌が繁殖しやすいので、空気をきれいにしておくことも重要です。加えて、睡眠中の汗を吸っている布団も繁殖の条件が揃っている環境なので、布団下に除湿シートを敷いて湿気を取り除きましょう。

それでもひいてしまった場合は、とにかく安静にして水分補給。睡眠と栄養をしっかりとることが重要です。ひき初めに少量の赤ワインを飲むことで、消炎作用のあるポリフェノールの摂取や体温上昇による免疫力の活性化が期待できます。お酒に弱くなければぜひ試してみてください。

宝町整骨院からのお知らせ

8/12(月・祝) 午前中のみの完全予約受付。

8/13(火) 8/14(水) お休み

8/15(木) 午前中のみの完全予約受付。

P.S.
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などでお悩みの方、当院にお任せください!
私が責任を持って施術計画に取り組み、現在私にできうる最善・最高の技術で、尽くさせていただきます!ご連絡お待ちしています!

発行:宝町整骨院

住所:春日市宝町3-11-1-107 電話:092-573-6610

各種保険・交通事故取扱い・予約優先制

水曜午後は17時まで予約受付

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました